思考盗聴「殺してやろうか」音声による脅迫

思考盗聴による音声での脅迫でお困りの方は、思考盗聴対策センターへご相談ください。音声送信で誹謗中傷されるだけではなく、自殺や攻撃性を促すような声をかけられてそそのかされることもあるようです。大変危険な問題です。しっかりとした対策、対応が必要です。

 

教諭「殺してやろうか」トイレで生徒に暴行 愛媛 松山市

愛媛県松山市の中学校で、男性教諭が1年生の男子生徒に暴力を働く事件が起こりました。
頭突きをしたり、約20回にわたり平手打ちをしたりするなどの暴行を加えていたことが明らかになりました。

暴行を受けたのは松山市立津田中学校1年の男子生徒です。
母親や学校の説明では、今月10日の放課後、担任の40歳代の男性教諭が、教室で友人とふざけていた男子生徒の頬をつかんだままトイレに連れて行って暴行したようです。

暴行を受けた生徒の母親は、
「トイレに連れ込まれ鍵を閉められて、殺してやろうかなどとか言われて、怖い思いをしてます」と話しています。

そして、男性教諭は男子生徒に頭突きをしたり、頬に平手打ちをするなどの暴行を加えたということです。男子生徒の頬は赤く腫れ、つねられた様な痕も残っていたと言います。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

まさかこの人が・・・というような人物から嫌がらせを受けることはよくあります。

思考命令では、自分の意思に反する行為をするように、そそのかされることがあります。
疑問を持ってもそれを押し切るような命令や指示を受けることもあります。
盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。
 

思考盗聴「殺してやろうか」音声による脅迫
Tagged on: