思考盗聴と音声送信

初めは空耳かと思っていたけれど、そうでは無かった。本当は、脳内に直接音声を送信されていることに気付いた方は、思考盗聴対策センターへご相談ください。周りの人には聞こえていないのに、自分だけに聞こえる音や声は脳に直接音声を送信されている可能性があります。
人の声を送信されることで、集中できなくなるだけではなく、人間関係をこじらせることになったり、不信感を抱く結果を招くこともあります。これは、事故トラブルなどに発展する可能性もあり非常に危険です。

50代 音声送信体験者 大阪府
私受けていた音声送信の被害は、「同僚に悪口を言われているよ・・・」「あの上司は、お前を会社から追い出したががっている」「お前は、馬鹿だと噂されている」など、会社の中での私に対するいじめについての内容でした。

30代 音声送信体験者 奈良県
音声送信の被害は、家でも会社でも、習い事の先でも行われていました。「〇〇ちゃんが、あなたのことをブスだと言っているよ」「メイクがオカシイ」「若作りしている」居心地が悪くなって、習い事は辞めましたが音声送信は続いていました。

40代 音声送信体験者 三重県
夫の浮気について、「あなたよりも若い人と浮気している」「浮気相手が近所に引っ越してきたよ」「今夜帰りが遅いのは、浮気相手と会っているからだよ」毎日のように脳内にこのような内容が送られていました。

音声送信の被害は、ターゲットを傷付けるような内容であったり、自主退職に追い込むようなことも聞こえてくることがあります。また、夫婦関係や交際関係を悪化させるような内容も多く、人間関係に亀裂が生じることも問題となっています。早期対策が必要です。

 

音声送信と事実

音声の送信被害は、脳内に直接働きかけることから内容はターゲットにしか分かりません。
音声送信からの内容は、事実であることもあればそうでないこともあります。
事実と嘘の両方を盛り込むことで、ターゲットの思考に上手く入り込み思考を変えようとされることもあります。
これは、大変危険な兆候です。音声送信の相手と会話が出来ることもあるようです。

30代 音声送信被害 神戸

音声送信の相手は、女性でした。声色を変えて3人になりすましていました。音声送信を依頼されてやっているそうで、依頼者の名前は教えてくれませんでした。

20代 音声送信被害 姫路

嫌がらせで音声送信を行われていました。バイト先の後輩をイジメていたのでこの子が業者に依頼していたのだと思います。私に対しての恨みがあるそうで、怖いので辞めるように伝えましたが、条件ばかり言われて困りました。

40代 音声送信被害 京都

浮気相手が声色を変えて音声送信していました。男性の声も聞こえていたので、共謀して嫌がらせをしてきたのだと思います。ストーカー行為もされているので困ってました。監視もされていると言われ、どうしていのか分かりませんでした。

30代 後ろから声が聞こえる 奈良

振り向いても誰もいないのですが、後ろから話しかけられます。後頭部に向かって声がして「ブス」とか「出来が悪い」など腹が立つような事を言われていました。男性の声が多かったのですが、最近は女性も仲間に入っているようです。

音声送信の問題は、職場だけではなく、自宅や外出先でも行われることがあります。行く先々での出来事を近くで見ているような内容を語りかけられます。音声送信の「声」はターゲットのみに送られてくることもあり、声に出してターゲットが反応することで周囲から冷たい視線を浴びせかけられるなどの二次被害に追い込まれてしまします。そういった事を避けることは重要な防衛策と言えるでしょう。思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

音声送信とトラブル

音声送信の被害は、事実に基づいた内容を送信されるとは限りません。をついてターゲットをトラップにはめようとすることもあります。これには注意をし、罠にはまらないようにしましょう。音声送信の裏には、ターゲットを何らかの形で陥れたいと思うのもの企みが隠されている可能性があります。

30代 音声送信 トラップ 横浜

交際相手の女性と結婚を考えていました。音声送信からは、「結婚を早くしたい」「子供が3人欲しい」「結婚するので退職を考えている」など聞こえていましたが、何か月たっても彼女は仕事を辞めないしオカシイと思って問い詰めるとフラれてしまいました。別れさせるように仕組まれていたのだと思い腹立たしいです。

20代 音声送信 トラップ 名古屋

不倫しています。でも、相手は奥様と離婚をして私と再婚すると言っていました。音声送信が始まってからも「〇〇弁護士に依頼している」「慰謝料は払わなくてもすみそうだ」「養育費は月に3万円」など離婚に向けて進んでいるようでした。しかし、だんだん私と会う回数も減ってきて、電話番号を変えられてからオカシイと気付きました。事実とは逆のことを吹き込まれていたので悔しいです。

40代 音声送信 罠 大阪

金融機関で働いていましたが、音声送信がきっかけで仕事上でありえないようなミスを犯してしまいました。本来の私ならば、絶対にそのようなミスは犯さないのです。後悔してもしきれません。早く対策を行っておくべきでした。

音声送信の被害者の中には、このような体験をされている方が多くいます。人間関係のトラブルや仕事でのトラブルだけではなく、ケガや事故に結び付いた被害もあります。集中力を欠く状態を作られたり、考えさせられるなどから不安を仰ぐこともあります。思考盗聴対策センターへご相談ください。

音声変換などの巧妙な手段を使って複数いる可能性をにおわせるトラブルが起こっています。集団ストーカーや思考盗聴などのご相談が増えています。

 

音声送信被害のケースはさまざまで、ターゲットによって置かれている環境や問題、原因は異なります。
当社は秘密厳守ですので、安心してご相談ください。外部に情報が漏れる心配はありません。

 

思考盗聴による音声指示被害

最近増えているのは、音声送信による命令や指示です。指示に従ってしまうと、どんどんエスカレートしていきます。相手方にとっては、ターゲットが指示に従うかどうかを試している可能性もあります。しかし、多くのターゲットは、声の指示に従ってしまうのです。思考盗聴における音声送信の被害の恐ろしいところはここにあります。自殺をそそのかされるケースがあります。思考盗聴対策線tなーへ今すぐご相談ください。

30代 京都府の男性

音声指示が始まったのは、半年ぐらい前からです。それ以前も声が聞こえていましたが、日常生活に関する指示をされるようになりました。ひどくなってからは「神社へ行け」「家に帰るな」など命令され、意味も分からず言うことを聞いていました。

20代 神戸市の女性

初めは思考盗聴だけでした。命令されるきっかけは、職場でのトラブルでした。「仕事を早退しろ」とか「仮病を使え」など、仕事をクビになるようなことを命令されるようになり派遣だったので辞めさせられては困るので相談することにしました。

40代 岡山市の女性

男女トラブルがきっかけで思考盗聴をされるようになりました。音声命令が始まり、「彼と会いたければ、ダムに来い」など、夜中に命令されるようになりました。「自殺をしろ」という命令もあり、従わなかったことからエスカレートしていきました。指示に従っても従っても同じことの繰り返しで、どうにかしたいと思い相談しました。

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。