マンショントラブル 音 思考盗聴

マンションでの音のトラブルから思考盗聴や音声送信問題に繋がることがあります。些細な生活音に反応する上下左右の住人とのトラブルは、生活を監視されることもあります。嫌がらせが始まることもあり、注意が必要です。思考盗聴や音声送信などの手段を使い引っ越しをするように仕向けられることもあります。

 

タワーマンションの節税 落とし穴を追求

タワーマンションを使った相続税の節税について、国税庁が行きすぎた節税策がないかを厳しくするよう全国の国税局に指示したことがわかりました。「著しく不適当」なケースは個別に評価し直すという通達の規定があるようです。

相続税を算出するための「財産評価基本通達」では、マンションは土地と建物を分けて評価しています。土地は、敷地全体を戸数で分けるので各戸の持ち分は小さくなります。一方で建物は、同じ床面積なら階数が違っても評価は変わらないそうです。人気の高層階ほど時価と評価額の開きが大きくなるようで、差額の節税効果を狙ってタワーマンションを買う富裕層が増えているのです。

国税庁が2013年までの3年間を調べると、評価額が約3600万円の物件が約1億円で売られるなどの例があり、343件の平均で売値(時価)が評価額の3倍を超えていたといいます。過去には、相続後すぐに売り抜けて多額の「差益」を得るケースもあり、こうした節税策を薦める金融機関や税理士法人の存在も気になります。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

思考命令では、自分の意思に反する行為をするように、そそのかされることがあります。
盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。

マンショントラブル 音 思考盗聴
Tagged on: