思考盗聴の「声」と「お告げ」の違い 思考盗聴対策方法

思考盗聴や脳内盗聴の被害でお困りの方は、思考盗聴対策センターへご依頼ください。
思考盗聴にはレベルがあり、かなり危険な状態にまで陥っているケースもあります。
行動を命令されるような事態に陥っている場合は、早期対策が必要です。事件などに巻き込まれないよう細心の注意を払いましょう。

 

思考盗聴とささやき 自分だけに聞こえる声

神社に「お告げ」天の声だと思わせる脳内操作

 

神戸市北区の5人殺れた無職竹島叶実(かなみ)容疑者(26)が、事件について特定の人物を狙ったわけではないという趣旨の供述をしていることが22日、捜査関係者らへの取材で分かった。取り調べに自身の境遇への不満を落ち着いて話す一方、近くの神社で取り押さえられた際には「お告げがあった」と話したといい、兵庫県警有馬署捜査本部は動機の解明を急ぐ。

親族や近隣住人を殺傷する事件が起こりました。
銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された20代の男は、
「誰でもいいから刺してやろうと包丁を持っていた」と話しているようです。
無差別的にしたとの趣旨の供述をしていようです。

定職に就かない生活に「現状は理想と違った」などと不満を漏らしているという声もあるようです。

神社で取り押さえられた時には「神社に行けばアイドルに会えるとお告げがあった」などと話していたようです。

 

思考盗聴からくる指示や命令

 

思考盗聴の声に命令されたら行わなければならないこと!

思考盗聴対策センターでは、数多くの被害者からのご依頼が寄せられています。
脳内の盗聴が始まって間もない方もいれば、何年も続いているケースもあります。
時間が長くなるほど、思考への影響は大きくいわばコントロールされていることも。
声による命令にも逆らえない状態にあるケースもあります。
不安を感じたご家族からの依頼も寄せられています。

 

思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心
思考盗聴の「声」と「お告げ」の違い 思考盗聴対策方法
Tagged on: