思考盗聴 パワハラ自殺 音声送信

思考盗聴による嫌がらせは、職場で起こることもあり問題になっています。上司からのパワハラや同僚のいがらせもあり、ウツを発症するケースもあります。重度のウツは自傷行為が始まることもあり大変危険な状態です。自殺をそそのかされることもあり、早期対策が必要です。

 

パワハラ自殺でさいたま市に1300万円賠償命令

さいたま市職員だった当時41歳の男性が自殺したのは、先輩職員のパワーハラスメントが原因だったとして、両親が同市に慰謝料など計約8100万円の損害賠償を求めた訴訟を起こしていました。
このの判決が18日、さいたま地裁でありました。
パワハラを認定した上で、市側の安全配慮義務違反と自殺の因果関係を認め、計約1320万円の支払いを命じたようです。

暴言や暴行が半年間に及んでいたと指摘しており、市側についても「相談を受けた上司らはパワハラを調査せず、配置転換など必要な措置を取らなかった」としました。
その一方で、両親らも精神状況の悪化を認識していたとして、賠償額の8割を過失相殺したようです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

思考命令では、自分の意思に反する行為をするように、そそのかされることがあります。
疑問を持ってもそれを押し切るような命令や指示を受けることもあります。
盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。

思考盗聴 パワハラ自殺 音声送信
Tagged on: