自動音声 録音

駅で流れる「自動音声」の案内放送,どのような人の声なのか気になった経験はありませんか。
首都圏のJR駅では行き先や駅名、時刻などの音源データ計4千種類を組み合わせ、男女の声で放送しているそうです。
昨年11月には男性の声の主が交代し、2代目への更新作業が進んでいるということです。

 

音声送信 録音

「今度の1番線の電車は11時10分発、快速東京行きです」
このよyな自動音声が流れた場合は、ばらばらに吹き込まれた音源データが使われているのだそうです。
「今度の」「1番線の」「電車は」「11時」「10分」「発」「快速」「東京行きです」の8つの音声を組み合わせていることになります。

首都圏のJRで同じ音源が使われているのは、
東京、埼玉、神奈川のほぼ全駅と、千葉、栃木、茨城の一部を合わせた計約300駅で、
男女それぞれの声優が吹き込んでいるのだそう。

ほとんどの駅は上りと下りで男女の声を使い分けており、列車の接近や到着、出発などを利用者に伝えています。
臨時列車の運行などでその都度、新語が必要になり、声優は年に2~3回、音源を吹き込むことになります。

駅の自動音声は、各路線に順次導入された列車の運行管理システム「A(ア)TO(ト)S(ス)」に連動しています。
ダイヤに合わせ、自動で音源データが選ばれます。
ATOS以前にも、複数の駅で自動音声は流れていましたが、JR東日本は「最初に使われ始めた時期など、正確な記録は残っていない」のだそうです。

 

思考盗聴 音声 送信 集団ストーカー

思考盗聴の音声送信被害ご相談は、思考盗聴対策センターへご依頼ください。
盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査もご依頼いただけます。

 

音声 録音
Tagged on: