なりすまし作戦で監視 思考盗聴対策

実在する人物になりすまして、思考盗聴や音声送信などが行われることも考えられます。なりすましには注意して対応することが重要です。事実と異なる情報を吹き込まれることもあり、人間関係のトラブルを誘発される可能性もあり厄介です。思考盗聴対策センターでもなりすましはよくご相談が寄せられています。

 

京都 患者の名前を悪用 医師

自身の患者になりすまして交通違反を免れようとしたとされる医師の男の初公判が、京都地裁で開かれました。
京都市の42歳の医師は、京都市内で速度違反などで摘発された時に、実在する男性患者の名前を反則切符に記入したといいます。
初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めています。

また交通違反で摘発された時には、警察官の本人確認に対して偽造した実在患者名義のパスポートを提示しており、パスポートを偽造した旅券法違反の罪でも起訴されています。用意周到になりすましていたとみられます。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

思考盗聴や音声送信といった嫌がらせに、なりすましが行われる可能性があることを覚えておきましょう。

思考盗聴が原因で起こるトラブルは秘密にしたいと言う声が多く寄せられます。
盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
ご近所トラブルや職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。
 

なりすまし作戦で監視 思考盗聴対策
Tagged on: