音声送信 熱中症 思考盗聴 ささやきトラブル

熱中症で搬送される人が増えています。思考盗聴や音声送信被害に遭っている方は、特に注意が必要です。
脳内に働きかける声の指示で外に出るようにそそのかされたり、エアコンを使わないように命令されることもあります。
命に係わるほどの暑さです。危険が伴いいます。
思考盗聴でお困りの方は、思考盗聴対策センターへご相談下さい。

 

熱中症 ほのめかし 嫌がらせ

総務省消防庁は4日、7月27日~8月2日の1週間に熱中症で救急搬送された人が全国で1万1672人に上り、
その中で25人が死亡したとの速報値を発表しました。
1週間の搬送者数としては、2008年の統計開始以来の最多となっています。
死者数は今年に入って最も多く、注意を呼びかけています。

同期間の搬送者数は、1週間前の7月20日~同月26日の7743人を大幅に上回り、
前年同期(5712人)の倍以上に達しています。
全国的に高温の日が続いたことが原因と見られています。
日付別では、8月1日の2571人が最も多かったようです。

搬送者を年代別では、
65歳以上の高齢者が5689人(48.7%)と全体の半数近く、
18~64歳は4470人(38.3%)、
7~17歳は1411人(12.1%)、
6歳までは102人(0.9%)です。

都道府県別では東京の1095人が最多となっており、
愛知(989人)、
埼玉(805人)、
大阪(801人)です。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

水分を取るなという命令が出てもきいてはいけません。
思考盗聴や音声送信のご相談が増えています。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

音声送信 熱中症 思考盗聴 ささやきトラブル
Tagged on: