思考盗聴と監視 命令して言うことをきかせる

周囲の目が気になる思考盗聴被害で苦しんでいる方から多くのご相談が寄せられています。
スマートフォンで撮影されたり、誹謗中傷の言葉に傷つけられ心身ともに追い込まれている状況に苦しんでいます。
個人のプライバシーを著しく踏みにじられることはあってはなりません。
解決に向けて取り組みましょう。

思考盗聴からくる指示や命令

自殺の強要!従ってはいけない声の命令

思考盗聴の被害が続くと、相手から自殺をそそのかされる被害者もおり、恐怖を感じます。

札幌市の駅で自殺があったようです。
夜に特急列車に飛び込み自殺した若い男女がいました。
この様子を動画撮影し、インターネットで公開していたとみられること分かったようです。

2人は東京都内の10代から20代の男女の可能性があるようです。
何らかの方法で撮影していた可能性があり「動画を見た」と話す人もいるようです。

思考盗聴の二次被害を防ぐ方法

思考コントロールの手法!アメとムチを使い分けられる

思考盗聴の中でも悪質なのは音声を流しての洗脳です。
音声送信に悩む方の中には、甘い言葉と厳しい中傷を織り交ぜながら思考をコントロールされるようになった経緯を話す人もいました。
思考盗聴の相手の言いなりになってはいけません。
嘘と事実を混ぜた会話で、真実を分からなくさせられることもあります。
従順になっても相手からの嫌がらせが収まることはないのです。
冷静になって、解決方法を検討する必要があります。

 

思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

思考のコントロールと行動撮影の被害
Tagged on: