思考盗聴 脳内盗聴 生活保護問題

思考盗聴や脳内盗聴の問題は長期間続くことで生活が成り立たなくなることがあります。職場でのトラブルや近隣住人との問題により働く意欲がそがれるケースもあります。社会的な孤立を狙われている可能性もあります。引きこもりから家族とのトラブルに発展することも多く、社会性を持つ努力を怠らないようにしましょう。

 

生活保護の過剰受診防止

政府は、生活保護受給者の過剰受診や医療費の不正請求を防ぐことを目的に、各自治体の福祉事務所のケースワーカーが地域の看護師や薬剤師らと共に受給者を訪れる仕組みを来年度から導入するようです。

指導態勢を強化することで、膨張する生活保護費の約半分を占める医療扶助の適正化を図ります。また、価格の安い後発医薬品(ジェネリック)の使用率向上などにつなげることも目的としているようです。

受給者は自己負担なしで診療や投薬を受けられます。費用は医療扶助として全額公費で支払われますが、不正受給の問題も多く、苦情もあります。受給者は昨年12月時点で約217万人、2013年度は支給総額3・6兆円のうち、医療扶助費が1・7兆円に達しています。不必要な通院を繰り返したり、薬剤を過剰に処方されるなどの無駄もあります。薬を横流しする事件もあり、生活保護者の悪徳な商売も摘発されました。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

思考命令では、自分の意思に反する行為をするように、そそのかされることがあります。
疑問を持ってもそれを押し切るような命令や指示を受けることもあります。
盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。

思考盗聴 脳内盗聴 生活保護問題
Tagged on: