精子トラブル 大阪

精子や卵子を凍結して未来に使う医療で問題が起こったようです。
凍結保存して、将来の妊娠に活用したいと考えていたのに、
無断で凍結保存が中止されていたことが問題になっているようです。

 

医療トラブル 凍結保存 確認 確認ミス

大阪市立総合医療センターで、精子の凍結保存を確認せずに中止していたようです。
不妊治療で精子を使おうとした患者の問い合わせで自体が発覚したといいます。

保存を打ち切られていたのは大阪府と奈良県の30代の男性2人でした。
大阪の男性によると、精子をつくる機能に悪影響が懸念される放射線治療などのため、2003年12月にあらかじめ精子を凍結保存した。奈良の男性は04年11月に凍結保存した。

この病院によると、12年4月に責任者の婦人科副部長が別病院に異動しており、その際13人分の精子を無償で凍結保存していたが、昨年9月ごろ、元副部長の指示で凍結保存のための液体窒素の補充が打ち切られたと言います。

元副部長によると、12年4月の異動時に「1年をめどに患者の意向を確認してほしい」と口頭で看護師に依頼していたため、保管期限が13年3月末までということが患者にも伝わっていると思い込んだのだそうです。
液体窒素の補充をしていた医師も、患者の了承が得られているか確認してはいませんでした。

今年4月、精子を使おうとした大阪の男性が同病院に問い合わせて凍結保存の中止が発覚。病院側が調べたところ、13人中6人については元副部長が事前に了承を得ており、3人は死亡していた。別の2人には「1年ごとに意思表示をしなければ廃棄する」と書いた文書を渡していた記録が見つかっています。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

タダで凍結保存を延々と行うことは不可能でしょう。
費用を払っているのではないのです。
しかし、保存するにも費用は掛かっているはずです。

嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策は、思考盗聴対策センターへご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

 

精子トラブル 大阪
Tagged on: