思考盗聴 精神病扱い注意 薬の乱用

思考盗聴や音声送信被害などを相談したことから精神病の扱いを受けることがあります。薬を飲んでも症状が改善しないなど不自然なケースがあるようです。薬の乱用は避けるべきでしょう。薬にはリスクがあることを考える必要があります。薬物乱用からくる中毒など二次被害も懸念する必要があります。

 

向精神薬密売問題 兵庫 横流しの実態

インターネットを通じた向精神薬の密売事件で、兵庫県警が逮捕したのは、奈良市法華寺町の男でした。薬剤師として働いていると言います。
向精神薬をネットで大量に横流ししていたとみて麻薬取締法違反(営利目的譲渡)の疑いで逮捕されました。
今年1月、東京都世田谷区のマンション経営の55歳の女(麻薬特例法違反罪などで起訴)に、向精神薬数十錠を計数千円で売り渡した疑いが持たれています。
薬剤師の男はネットで向精神薬を全国の約120人に転売していたようです。なんと計約2200万円の利益を得ていたとされており、その主な入手先が薬剤師の男だと見られています。
男の家宅捜索で、睡眠導入剤や抗うつ剤など約1万錠が見つかっていると言います。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

薬物の販売でも受ける者が後を絶ちません。

思考命令では、自分の意思に反する行為をするように、そそのかされることがあります。
疑問を持ってもそれを押し切るような命令や指示を受けることもあります。
盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。

思考盗聴 精神病扱い注意 薬の乱用
Tagged on: