性的な嫌がらせ!監視して追い詰められる 思考盗聴相談

誰にも知られたくないことが知られている。身体的な特徴でからかわれる。トイレやお風呂も躊躇する。思考盗聴被害は私生活にも影響を及ぼす可能性があります。
性病にかかったことを非難されることもあるようです。

性病と偽り薬代詐取 新宿の院長を強制捜査

新宿で数千人を診断していたとされる医者が逮捕されました。
性病ではない患者に大量の薬を処方していたようです。
問題の医者は患者が性病だったとする虚偽の診断結果を示し、不要な投薬を繰り返して薬代をだまし取った疑いがもたれています。
東京都新宿区の69歳の院長の男の強制捜査をおこなうようです。
この男は医師の立場を利用し、相談しづらい性病を偽装するなどしており非常に悪質性があります。
同じ方法で数千人を診断したなどと男は話しており、その被害額は数千万円にのぼる可能性もあるようです。
事件の発覚は、性病のクラミジアに似た症状が出てクリニックに診察を受けに来た60代の男性がきっかけでした。
尿検査を実施し、実際は陰性にもかかわらず、クラミジアが陽性と診断して不要な投薬を繰り返していたようです。
結果、男性から約3カ月間で薬代約3万円をだまし取った疑いが持たれているのです。
陽性と判断する基準値を偽装し、検査で出た患者の数値が基準に満たないにもかかわらず、陽性に見せかけてウソの診断結果を患者に報告していたのです。
被害にあった男性はくするの投与後も改善せず不審に思って別の病院を受診したところ、
「クラミジアではない」との診断を受けたようです。

思考盗聴と体の異変

薬を飲んでも治らない時は、疑問を感じることも必要な時代です。
思考盗聴被害者の中にも体調がすぐれない経験をした方は多く、対処法は重要です。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

 

性的な嫌がらせ!監視して追い詰められる 思考盗聴相談
Tagged on: