集団ストーカー 嫌がらせ 思考盗聴

集団ストーカーの被害者の中に、思考盗聴や音声送信被害を訴えている方がいます。
脳内に送信される声のままに行きついた先が山の中。
ダムに向かて走っていたと言う人もいました。
事故や事件につながる可能性もあります。
思考盗聴の嫌がらせが始まると危険ですので、早期対策が必要です。
集団ストーカー対策センターへご相談ください。

 

 

ため池 事件 長崎 ささやき ほのめかし

ため池の多い香川県でも、ため池で亡くなった事故が起こりましたが、長崎県でも悲しい事故が起こりました。
13日午後7時55分ごろ、長崎県松浦市福島町端免のため池で、近くに住む74歳の田中和久善さん(74)と、孫の福島小学校1年の田中佑弥君が心肺停止状態で見つかりました。
家族からの通報を受けて捜索していた消防が病院に搬送したところ、死亡が確認されたといいます。
長崎県警松浦署は2人が池に転落したとみて調べています。

警察や松浦市消防本部によると、亡くなった2人は13日午後4時半ごろ「散歩に行く」と言って外出したということです。
なかなか戻ってこないのを心配した家族が付近を捜索したところ、ため池に和久善さんの帽子が浮いているのを見つけ、消防本部出張所に通報しました。消防隊員がため池の水を抜いて捜索して、心肺停止状態の2人を発見したようです。

 

思考盗聴 音声 送信 電磁波 集団ストーカー

集団ストーカーや思考盗聴などの被害と組織や団体が関係していることがあります。

目的のはっきりしないストーカー、集団ストーカーでお困りの方ご相談ください。
思考盗聴の音声送信被害ご相談は、思考盗聴対策センターへご依頼ください。
盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査もご依頼いただけます。

 
 

 


 

集団ストーカー 嫌がらせ 思考盗聴
Tagged on: