思考盗聴が職場でも 組織的な嫌がらせと電磁波攻撃

思考盗聴被害者に多いのが職場での問題です。嫌がらせや悪口、批判などが日常茶飯事なっている方もいます。
永年追い詰められることで退職を考えるなど、最悪の事態を避けるためにも早期解決が望ましいでしょう。
証拠集や情報集も方法を間違えないように行う必要があります。
思考盗聴の日常化が招く最悪の事態

職場でのパワハラ!苦痛を乗り越える方法

大阪市の役所の49歳の男性係長がパワハラで問題になっています。
ある女性職員にLINEなどでセクハラ行為をしたとされています。
この係長を停職3カ月の懲戒処分にしたことが分かりました。
係長は昨年4月、元部下の20代女性にLINEで、
「直接会って話したい」などの内容のメッセージ約30件を送ったり、
電話も15件かけたりしていたようです。
また、別の30代女性に対し、食事に誘うなどのメッセージを十数回送信するなども行っていたようです。
勤務時間外で、プライベートにも関わる時間帯の出来事でした。
また20~30回、勤務中に無断で動画撮影したことも分かっています。
この事件はセクハラも発覚しているようです。
被害女性は不眠を訴えて通院しているようです。
思考盗聴 解決手段 解決方法

脳内盗聴の恐怖 追い詰められた結果こうなる!

脳内に直接話しかけられる経験はありませんか?
空耳かと周囲を見回すも、誰もいない。
遠隔操作で自分だけに聞こえる声で話しかけられることは、不気味で信じがたい経験です。
1回ならば思い過ごしと見逃せるでしょうが、頻繁になり、毎日のようになってくるとそうはいかないでしょう。
嫌がらせに利用されることも多く、被害者の存在自体を消そうと企まれる可能性も指摘されています。
思考盗聴対策センター
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

 

思考盗聴被害が職場でも起こった時の解決策 組織的な嫌がらせ
Tagged on: