思考盗聴 睡魔 思考盗聴対策

思考盗聴の被害者には、音声送信が行われることがあります。
これにより常に話しかけられたり、眠たいのに話しかけられることで睡眠障害を起こすこともあります。
睡眠時間が十分に取れなくなったり、日中の眠気により仕事への影響や作業のミス、事故などにつながることもあります。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

トイレふさがって夫婦死す 睡眠障害

東京都荒川区のマンションの一室で男女が死亡しているのを弁当宅配業者が発見しました。
亡くなった男女は部屋に住む40代夫と50代妻とみられています。
夫婦はいずれも外傷はなく死後2、3日が経過していたようです。

警視庁荒川署によると、体重100キロ前後と大柄な夫がトイレの前であおむけになって倒れていました。
妻は30センチほど開いたトイレのドアから上半身だけを出して折り重なるように倒れていたようです。
夫がドアをふさぐような状態のまま何らかの原因で死亡したことにより、
トイレから出られなくなった妻も熱中症などで死亡した可能性があるようです。

夫は27日昼から親戚宅であった法事で飲酒した後に帰宅したと見られ、
妻は28日未明に「夫がトイレの近くで寝ちゃった」と親族に電話をかけていたそうです。
その後、トイレに入った妻が出られなくなったものとみられています。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

睡眠障害は生活に支障をきたします。
様々な病気にもつながりやすいとも言えます。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

思考盗聴 睡魔 思考盗聴対策
Tagged on: