思考盗聴 マンショントラブル スイッチの音

様々なノイズに悩まされている思考盗聴被害の方からご相談が寄せられています。現状調査からご依頼ください。増えているのは、マンション、住居トラブルです。隣の部屋から話しかけられたり、電気やスイッチの音などで合図を送られることもあるようです。罠の可能性もあります。思考盗聴対策センターへご相談下さい。

 

マンショントラブル データ改ざん悪質問題

横浜市都筑区の大型マンションが施工不良で傾いた問題が大きなニュースになっています。
くい打ち施工を行った旭化成建材の工事担当者が「地盤の強度データを記録し損ねた」と、他の地盤データを転用・加筆した理由について説明していることが分かりました。

旭化成によると、工事担当者は聞き取り調査に対し、「プリンターのスイッチを押し忘れたり、記録紙が泥で汚れたり、雨でぬれたりして、きちんと記録できなかった」などと話しているようです。データが適切に記録できていなかったことを認めました。
このマンションでは建設中の平成17年12月から18年2月の間に、4棟で473本のくいが打たれました。このうち傾いた建物を含む3棟で計38本分のデータに転用や加筆があったとしています。
横浜市は、同マンションのくいが支持層に達していなかったことが、建築基準法違反にあたる可能性があるとみて調査するようです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

 

思考盗聴 マンショントラブル スイッチの音
Tagged on: