社内トラブル 横領疑惑 思考盗聴

社内でのトラブルは、金銭問題だけではありません。
嫌がらせやいじめだけではすまず、
自殺に追い込まれることもあります。
音声送信で自殺をそそのかされることもあり、注意が必要です。
思考盗聴対策センターへご相談下さい。

 

元経理の女 自殺 ほのめかし 過去

勤めていた運送会社から、総額6億円以上を横領していたとみられる元経理担当の女は、別の会社でも犯行を行っていたようです。

横領が原因で金銭苦になった当時の社長は、自殺する事態になっていたのです。
自殺した社長の弟によると
「(自殺した兄は)資金を調達するために、日々走り回る状況。(岸田容疑者は)『足らんかったら、アンタ給料払われへんで』、『どうにかしろ』と。人間じゃないですよね、やっていることが」と話しています。

容疑者が横領していたのは、この会社からだけではなかった事が分かりました。
運送会社に勤務する前、大阪府豊中市の電機メーカーで経理を担当していたようです。
容疑者は、宅配便などの支払いに、会社の小切手を使うところを、自分の現金で支払っていました。
余った小切手に好きな金額を水増しして記入し、銀行で現金化していたようです。
その横領額は、3年間で、およそ2,500万円にものぼると見られています。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

金の為、自分中心に周囲を顧みない者がいます。
サイコパスもそのうちでしょう。
ここ数年、女性の巨額横領などの事件が目立ちます。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策は、思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

社内トラブル 横領疑惑 思考盗聴