思考盗聴 職場トラブル 能力問題

職場においても思考盗聴や、音声送信での嫌がらせを受けている方がいます。深刻な状態で、同僚や上司とトラブルになっているケースもあり、退職に追い込まれるケースもあります。誹謗中傷や仕事上でのミスを誘発させられることもあり、早期対応が必要です。ケガや事故につながる前にご相談ください。

 

能力不足 免職 大阪市

人事評価が2年連続で最低ランクで研修を受けても改善が見込めなかったとして、大阪市の職員が解雇されたようです。
大阪市は30日付で、職員基本条例に基づき、職員2人を民間の解雇に相当する分限免職処分としました。
この条例は、平成24年の市議会で成立したが、勤務実績の不良を理由に分限免職が適用されたのは初めてのようです。

分限免職は地方公務員法に規定があります。
公務員としての適性を欠くと判断した場合に実施する処分です。
一般的には長期の病気休職などが理由となり、不祥事を起こした職員に対する懲戒免職とは違います。
勤務実績が良くない「能力不足」の職員に適用するのは、一般企業でも行われている当然のことでしょう。

市人事課によると、分限免職となったのは、都市整備局の技術職員の男性と港湾局の事務職員の男性でした。
人事評価が2年連続で5段階の相対評価の最低ランク(全体の下位5%)で、市は1年間かけて職場での適正化指導や、外部講師らによる特別研修を実施したものの2人の勤務態度は改善されなかったようです。
警告書の交付と指導・観察を経て処分に至りました。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

能力に応じた評価は必要です。初歩的なミスを繰り返すなど他の者に迷惑をかけていたようです。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

 

 

思考盗聴 職場トラブル 能力問題
Tagged on: