社内トラブル 職場トラブル 思考盗聴

職場における社内トラブルが、思考盗聴や音声送信のきっかけのことがあります。
上司の浮気や不正を目撃したり、社内の男女関係がきっかけで始まる嫌がらせもあります。
勤務先での嫌がらせやいじめが原因でうつやパニック障害などの病気を発症することもあり社会問題となっています。

思考盗聴は、職場の同僚や上司、取引先の人たちによるものである場合は、
退職に追いやられる可能性もあるため、早期対策が必要です。退職後にも嫌がらせが続いているケースもあります。

思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

 

思考盗聴による職場でのトラブル

職場におけるイジメや嫌がらせのご相談は、年々増加傾向にあります。
仕事のストレスでうつ病など心の病になったとして労災を請求した人が、過去最多を更新したというニュースがありました。

厚生労働省によると、2014年度に、仕事が原因で心の病になったとして労災を請求した人は1456人で過去最多になりました。
このうち労災と認められて補償されたのは、自殺と自殺未遂の99人を含む497人で、これも過去最多です。
年齢別では30代と40代が多くなっています。
実際には、労災として認められるケースは難しいことが分かります。

 

30代 男性 職場での嫌がらせ 思考盗聴 相談

高校を卒業してから、20年近く同じ職場で働いています。仕事上のミスを見つけて上司に報告したことから同僚の反感をかったようです。こそこそ噂話をされたり、通りすがりに嫌味を言われるようになりました。そのことについて詰問しても「言っていない」の移転張りで、ノイローゼになりそうでした。

 

20代 女性 社内トラブル 思考盗聴 相談

販売の仕事をしています。「今日の髪型がオカシイ」「センスが無い」などの注意を度々されていました。接客の仕事を希望していたのですが、半年で内勤に回されることになり、そこでも誹謗中傷され仕事を休みたいと思うようになりました。家に帰ってからも「今日もダサい一日」「可愛くない」などの声が聞こえてイライラしました。

 

40代 男性 職場でのパワハラ問題 思考盗聴

新入社員の教育係りをしていましたが、ある新入社員と意見が合わず、見下すような発言をされるようになりました。私の上司に告げ口をしたようで、上司から冷たい視線を浴びせられるようになりました。自分だけに残業を押し付けられたり、すれ違い際に「のろま」「ばか」などの一言を言われれうようになりました。四六時中、背後で監視されています。

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。