市の職員による情報漏洩 思考盗聴

思考盗聴被害の背景には、様々な情報漏洩の問題があります。盗聴や盗撮だけではなく立場を利用した個人情報の漏洩も問題になっています。役所だけでなく、様々な契約においても必要以上の情報を聞きだされるケースがあります。一度出た情報は回収できるものではありません。情報が漏れない対策を行いましょう。

 

入札情報漏らし現金受け取った疑い 京都市職員

京都府長岡京市発注の水道関連工事において入札情報を漏らした京都市の職員が逮捕されました。
受注業者から情報漏洩の見返りに現金を受け取った疑いが強まったとされています。
逮捕されたのは長岡京市水道施設課の40代の男性職員です。収賄容疑で事情聴取をし、逮捕状を取ったそうです。

この職員は水道施設課の係長をしていた昨年6月、京都市発注の配水池補修工事で一般競争入札の情報を大阪市福島区の土木工事会社の社員に漏らした疑いがもたれています。
職員は水道施設の工事計画に携わり、入札情報や工事の仕様をあらかじめ知りうる立場にあったそうです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

禁止されていることでも金の為に情報を売る者がいるのが現実でしょう。
思考命令では、自分の意思に反する行為をするように、そそのかされることがあります。
疑問を持ってもそれを押し切るような命令や指示を受けることもあります。
盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。

市の職員による情報漏洩 思考盗聴
Tagged on: