思考盗聴や脳内盗聴と間違えやすい症状とは

声が聞こえることで悩んでいる方は、思考盗聴対策センターへご相談下さい。自分だけに聞こえる声の存在は、エスカレートしてくることがあります。
近くで監視されていたり、行動を先読みされる被害者からの相談も寄せられています。
どこに行っても付いて来る、写真を撮られネットに流出されるケースもありプライバシーが脅かされています。
思考盗聴とささやき 自分だけに聞こえる声

他人が係りたがらない思考盗聴や脳内盗聴

このような状況を話すと、病院の受診を促されることもあるようです。
現実を確かめることもせず、病院で薬の処方を受ける人も・・・
大学病院の30歳医師 大麻所持で逮捕
福岡県の大学病院に勤務する医師の男が自宅に大麻を所持していたとして逮捕される事件がありました。。
逮捕されたのは、久留米大学病院に勤務する30歳の男です。
自宅に大麻を所持していた疑いがもたれています。
自宅マンションで男を逮捕されていおり、容疑を認めているかどうか明らかになっていません。
今後、自宅や関係先の家宅捜索も行うようです。
思考盗聴の日常化が招く最悪の事態

ブレインハッカーとガスライティング

他人には聞こえないように行われ嫌がらせは、「おかしな人」「危ない人」などだけではなく、
麻薬中毒者などに見せかけられる可能性もあります。
また、ガスライティングの手法にも注意が必要です。
思考盗聴は早期対策が大変重要です。
思考盗聴対策センターにも多くのご相談が寄せられています。
ブレインハッカーの存在も気になるところです。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

 

思考盗聴や脳内盗聴と間違えやすい症状とは
Tagged on: