自殺をほのめかされて困っている方へ!集団思考盗聴

思考盗聴対策センターに寄せられるご相談の中には、複数の人物から自殺をほのめかされている方がいます。
楽しい会話や、辛い気持ちにさせられる内容などで気分の上下を激しくさせられるケースもあるようです。
思考盗聴が日常化している場合は原因を探る必要があるでしょう。
思考盗聴からくる指示や命令

理由は人が死ぬところを見たかった

名古屋市で知人の77歳の女性を殺害し、
また高校の同級生らに硫酸タリウムを飲まるなどとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた元名古屋大学生の女の裁判が行われています。
事件当時16~19歳でした。
初めての被告人質問が行われ、内容は
殺害の動機について元学生は
「人が死ぬところを見たかったから」と改めて述べたようです。
被告人質問は77歳女性の殺害事件に絞って実施されました。
女性を自宅アパートに招き入れ、ティッシュを取るふりをして背後に回り、バックから取り出した手斧で数回殴ったといいます。
抵抗された際に「殺すつもりなの?」と聞かれたので
「はい」と答え
「どうして?」と言われたので
「人を殺してみたかった」と言い倒れました」
と供述しています。
手おので殴って瀕死の状態の女性をさらにマフラーで首を絞めて動かなくなったところを写真撮影したと話しています。
「実験結果として記録を残すために4、5枚撮った」とも話しているようです。
思考盗聴対策はお早めに 思考盗聴対策センター

思考盗聴と人格の崩壊

ブレインハッカーによる思考が読み取られる被害は、長期間続くと感情をコントロールされる可能性があります。
こういった事を言えばターゲットが「悲しむ」「苦しむ」。
また、楽しませる内容を盛り込んでくる場合もあります。
安心させた結果、思考に入り込んでくることで永年苦しんでいる方もいます。
自殺をほのめかされている場合は、危険が伴いますので早期対策を行いましょう。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

 

自殺をほのめかされて困っている方へ!集団思考盗聴
Tagged on: