ほのめかし 思考盗聴 自殺対策 和歌山

自殺をほのめかされている方は、今すぐ思考盗聴対策センターへご相談ください。
言葉巧みの自殺をそそのかされ、危険な状態に置かれることもありますが、
言いなりにならないことが重要です。電磁波による嫌がらせも増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

国体担当 警視 自殺 和歌山

和歌山県で9月から10月に国体が開催されます。
「2015紀の国わかやま国体」で、交通規制などの統括責任者である県警警視の50代の男性が
今月16日、和歌山県海南市の自宅で自殺していたことが分かりました。

亡くなった警視は6月以降の超過勤務が月200時間以上の状態が続いていようです。
警視は、国体開催に伴う交通規制の立案や交通整理の人員配置など実務面の責任者でした。
この業務にほぼ専従していたようです。
「仕事がしんどい」
「プレッシャーを感じる」などと漏らしていたようです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

疲れているから自殺するわけではないのではないでしょうか。
何らかの後押しがあった可能性も考えられます。
音声送信の内容に答えると、どんどんエスカレートしていく傾向があります。
その音声は生活に必要なものとは限らないのです。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

 

ほのめかし 思考盗聴 自殺対策 和歌山
Tagged on: