思考盗聴 音声被害 退職を強要される

思考盗聴による音声送信被害でお困りの方は、思考盗聴対策センターへご相談ください。退職を強要されたり、職場でのトラブルを誘発されることがあり、第二第三の被害へとエスカレートする可能性があります。退職後も嫌がらせが続くこともあります。

 

インターネット通販会社 社員 退職 強要

インターネット通販大手の男性社員が「退職を事実上強要された」として救済を求めているようです。
この男性はカメラマンで、2011年10月に正社員として採用されました。
主に商品の写真撮影を担当していたそうです。
2015年2月に上司から、仕事ぶりが期待に達していないと指摘されるようになりました。
「退職するか業績改善プラン(PIP)を受けるかしかない」と言われていたようです。
PIPが適用されると、会社が求める水準が達成できなければ、降格や解雇などの処分を受けることに同意するよう求められます。
難しい課題を与えられて、退職に追い込まれる例もあるようです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

音声送信の声に命令されたり強要をされるケースはよくあります。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

 

 

思考盗聴 音声被害 退職を強要される
Tagged on: