思考盗聴と盗聴器 盗撮カメラ 監視被害

 

思考盗聴被害と盗聴や盗撮、監視行為が併発しているケースがあります。

盗聴や盗撮から思考盗聴が始まるケースもあれば、いつから被害に遭っているのかはっきりわからないケースも多く、何が原因になっているのか分かりにくいように巧妙に行われるケースも多く見受けられます。

一旦始まった盗聴や盗撮はターゲットの情報収集につながります。行動や予定、思考などのパターンを把握される可能性もあります。一刻も早く盗聴器や盗撮カメラの有無を調べておく必要があるでしょう。

盗聴された内容や盗撮画像をインターネット上にアップされる可能性を心配されている被害者の方もおり、たいへんな不安を抱えています。盗聴防止方法や盗撮防止方法は、被害者によって対策が異なります。間違った対策方法を取ることで「油断」につながりますので気を付けましょう。

 

思考盗聴 盗聴防止方法 盗聴を防ぐ方法

 

一般的な盗聴の防止方法は、盗聴の原因を削除することです。

盗聴器は日本国内においても数多く出回っています。簡易的で安価なものから、半永久的に使えるものまで様々です。また、これらは簡単に手に入れることが可能です。インターネット販売で購入する人もおり、どこに居ても手に入る状態です。

盗聴器を仕掛けることで手軽に情報を入手することが可能になります。重要な会議が行われるような機密を扱う場所だけではなく、一般家庭にも盗聴器が仕掛けられることは珍しくありません。心配な方は盗聴器発見調査を依頼しましょう。

人の出入りが多い場所では、定期的な調査依頼が寄せられています。

盗聴は身近な人物から被害にあうことも多く、交友関係のトラブルや、金銭の貸し借り、会社関係、恋愛感情のもつれ、ストーカー、家族のトラブルや遺産相続など様々な問題が絡んだ相手から盗聴される可能性があります。

また、都庁マニアの存在も否定できません。趣味で盗聴をする者もいます。また、仕入れた情報を売買されるケースもあるので細心の注意が必要です。

 

脳内盗聴 盗撮防止方法 盗撮を防ぐ方法

盗撮も盗聴と同様です。性的な目的でトイレや風呂場、更衣室などに仕掛けられることもあります。

身体的な特徴をののしられたり、馬鹿にされるケースもあります。大変デリケートな問題です。誰にも知られたくないことを暗にほのめかされたり、愚痴を言われることもあり、被害者にとっては精神的にも大変つらい問題です。

また、盗撮された画像や映像を投稿サイトにアップされたり、交友関係にメールやラインで送り付けられるなどの心配もあります。盗撮器の調査だけではなく、画像の流出先も念頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

監視防止方法 監視を防ぐ方法

外に出ればあらゆるところに防犯カメラが設置され、道路にも交通ルールを名目にカメラが設置されています。いわば監視されているようなものでしょう。

組織的な監視や恨み、憎しみ、腹いせなどで行われる監視も気になるところです。宗教団体絡みの問題も指摘されています。一旦始まると、なかなか収拾がつかないケースもあり、職場や家族を巻き込んでいる可能性もあります。大きな組織の場合は、一人で対応するのは大変難しいのが現状です。諦めずに証拠撮りから始めましょう。