思考盗聴が始まった理由隠された「恨み」と執拗な監視

考えたことを知られてしまう思考盗聴は、理由が分からないままどんどんエスカレートしていくことがあります。
毎日朝から晩まで四六時中付きまとわれているような、不安が襲ってきます。
執拗な思考盗聴のうらに隠された本当の目的は何なのでしょう。
思考盗聴被害者には理由が分からないことも多いのです。
小学校や中学生のころにイジメた相手から恨まれていたり、元交際相手からフラれた腹いせに恨まれるなど、
を抱いて復讐をされるケースもあるようです。
過去に関わった相手からの復讐かもしれません。

思考盗聴 解決手段 解決方法

見える場所 近所からの監視による思考盗聴

東京都江東区の富岡八幡宮で宮司の58才の女性らが殺傷された事件では、犯行を犯した被害者の弟夫婦は事件を犯す半年前からマンションの部屋を借りていたことが分かっています。
借りていた部屋からは殺害された女性宅の出入りを確認できる場所に建つマンションでした。
殺害と自殺の意思を記した紙も見つかっているようです。
入念に事件を計画していたとみられます。

 

思考盗聴の日常化が招く最悪の事態

思考盗聴で使われる盗聴盗撮 電波・電磁波

思考盗聴でターゲットを監視する方法は様々です。
大きくわけると人を使うのと機材を使うことになるでしょう。
盗聴器や盗撮カメラだけではなくなりつつあります。
iot家電も利用されやすいと言えるでしょう。
電波や電磁波などを使って遠方にデータを運ぶことができます。
多数の人を使って監視する方法は集団ストーカーでも用いられ、不安な精神状態にさせることにもつながっています。

思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心
思考盗聴が始まった理由隠された「恨み」と執拗な監視
Tagged on: