思考盗聴 ずる休み扱いされた時の対処方法

思考盗聴は、頭の中を覗き見られてしまう被害です。それにより体調の悪化心身の不安定が起こり、仕事に支障をきたすこともあります。
しかし、周囲には理解されにくく、会社を休むとずる休み扱いされることもあるようです。
職場との付き合い方にも対策を行う必要があるでしょう。

思考盗聴の職場汚染とずる休みについて

診断書偽造しズル休みした元市職員の事件がありました。
1400万詐取した男とはどのような人物だったのでしょう。

医師の診断書を偽造して仕事をずる休みし、しかもその間の給与約1400万円を詐取したとして男が逮捕されました。
東京都多摩市役所の53歳の元職員です。
有印私文書偽造・同行使と詐欺の容疑です。

この男は、障害福祉課などに勤務していた2011年6月から2015年3月の間、
「抑うつ神経症」や「頸椎(けいつい)捻挫」などのうその症状の診断書計約40通を偽造していたようです。
病気休暇と休職を繰り返しており、この期間の給与約2300万円のうち、不正に欠勤した日の給与やボーナスなど総額約1400万円を騙し取った疑いが持たれています。
男は容疑を認めているようです。

仮病と間違えられる苦しみと嫌がらせ対策 脳内盗聴

まじめに働いていても聞こえてくる誹謗中傷。いくら我慢しても認めてもらえない不満
思考盗聴被害にあっている時は、多くの言葉に心が動かされてしまいます。

何とかならぬかと脳内に聞こえてくる声に応じても変化はなく、より悪化する被害者もいます。
声の命令に従っていくうちに自殺をほのめかされるなどの危険も。
早期対策をおすすめします。

思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心
思考盗聴 ずる休み扱いされた時の対処方法
Tagged on: