思考盗聴 カメラで監視 脳盗聴

隠されたカメラで監視し、電波を使った盗聴器を仕掛けられる陰湿な監視行為でお困りの方は、思考盗聴対策センターへご相談ください。監視していることを気付かせるようなことを話しかけられることもあります。監視に怯える日々の生活は、職場でのトラブルやご近所、マンション内での嫌がらせなどにも発展することがあります。

 

ミラーレス車公道へ  カメラで代用解禁へ 監視トラブル

国土交通省が、道路運送車両法が定める自動車の保安基準を改定しました。
乗用車やバス、トラックに備えられたすべてのミラーをカメラとモニターで代用することを認めるようです。
これはドライバーの死角をなくす高性能カメラを普及させ、交通事故の減少を想定しています。
来年6月にもミラーが全くない新型車が公道を走ることになりそうです。

自動車の国際基準を定めている国連の「自動車基準調和世界フォーラム」が一部のミラーに限定していた代用をすべてのミラーに拡大することを決めました。
代用を認める条件を「映像がミラーと同じ範囲や画質」としています。
ドライバーの違和感をなくすため従来のドアミラーやルームミラーとほぼ同じ位置にカメラやモニターを設置し、夜でも肉眼と同程度に見えるようモニターの明るさやコントラストを細かく規定しました。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

カメラが街だけではなく車にも付けられる時代ですね。
思考命令では、自分の意思に反する行為をするように、そそのかされることがあります。
疑問を持ってもそれを押し切るような命令や指示を受けることもあります。
盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 


[contact-form-7 id=”9″ title=”コンタクトフォーム 1″]

思考盗聴 カメラで監視 脳盗聴
タグ: