ドローン 盗撮集団 思考盗聴

盗撮集団や盗聴集団が問題になっています。ターゲットに対して複数の人員が係り盗聴や盗撮などの情報収集が行われています。盗撮集団や盗聴集団に狙われるのは有名人だけではありません。思考盗聴被害者の方からも狙われていると言うご相談を受けています。思考盗聴対策センターへご依頼ください。

 

官邸ドローン問題 2月判決 最終弁論でも無罪訴え

昨年、首相官邸の屋上に小型無人機「ドローン」を落下させたとして41歳の男が逮捕されました。
威力業務妨害罪などに問われた被告の公判が東京地裁でありました。
判決は2月16日です。

人のいない深夜の官邸前庭にドローンを着陸させようとしただけで「威力」に当たらないなどと主張しています。
原発再稼働に反対する表現行為で、違法ではないと訴えています。

被告は、「多くの方に迷惑を掛けて申し訳ない」と謝罪し押収されたドローンの返却を求めています。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

この問題、首相間手にである需要な場所にも関わらず警備が不十分だったことから大きな問題に発展しています。
警備の不備に対する責任の追及がなされていないのはなぜでしょう・・・

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
ご近所トラブルや職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 


    お名前 (必須)

    ふりがな (必須)
     

    ご住所(必須)
     

    電話番号(必須)
     

    メールアドレス (必須)

    ※メールアドレスが間違っていると返信できません。

    性別(必須)
     男性女性

    年代(必須)
     

    検索ワード(必須)
     

    調査について(必須)

    その他を選んだ場合
     

    相手について(必須)
     

    その他を選んだ場合
     

    題名

    内容

    ※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
    数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
    ※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。

    ドローン 盗撮集団 思考盗聴
    Tagged on: