思考盗聴被害と隠し撮り 盗聴盗撮被害

思考盗聴被害者に多いのが盗聴や盗撮の問題です。至る所で隠し撮り被害に遭っている可能性があり、外出が億劫になり引きこもる被害者もいます。社会的な行動、買い物や仕事などにも問題が及ぶこともあり、早期対策が必要です。社会から孤立しない為にも早期解決に向けて取り組みましょう。

 

隠し撮りトラブル 性的な問題 崇拝させる

今年5月、小学男児の裸の写真を撮影したとし、東京都三鷹市の市立小学校の教諭だった38歳の男が逮捕されました。
他にも10人以上が被害に遭ったとみられています。男の自宅からは男児の裸の写真が大量に見つかったようです。
この男の逮捕容疑には『児童ポルノの製造』以外に『強制わいせつ』が入っているようです。
詳細は不明ですが容疑者の“趣味・嗜好”が反映されているらしのです。

様々な活動に参加していた男児らに自らを崇拝させ、裸の写真撮影の標的にしていたとみられます。
男児らには口止めしていたようです。
常に赤い服しか着ないなど、不自然なところは親にも何となく伝わっていたようで、学校でもやたらスキンシップが多いなどの目撃情報があったそうです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

思考盗聴の相手に洗脳されるケースもあります。
思考命令では、自分の意思に反する行為をするように、そそのかされることがあります。
疑問を持ってもそれを押し切るような命令や指示を受けることもあります。
盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 


[contact-form-7 id=”9″ title=”コンタクトフォーム 1″]

思考盗聴被害と隠し撮り 盗聴盗撮被害
タグ: