思考盗聴 脅迫被害相談解決

脅迫や強要の被害に遭っている被害者からのご相談が多く寄せられています。相手の要求どおりに行動している方は、注意が必要です。周囲から不信感を抱かれるような事を指示されている場合もあります。早期対策が必要です。自殺をほのめかされている場合は、一刻も早い対策をおすすめします。

 

経産省次官に脅迫 自称カメラマン

経済産業省の事務次官に対する脅迫が発覚しました。
家族に危害を加えるという内容の脅迫文を送りつけたとして男が逮捕されています。
逮捕されたのは、元有名カメラマンの69歳の男でした。
容疑者は、昨年11月、経済産業省の事務次官に対し3回にわたり、家族に危害を加えるという内容の脅迫を行った疑いが持たれています。容疑者は「仕事だから送りました」とよく分からない供述をしているようです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

脅迫被害を受けている方は多く、相手の言いなりになっているケースもあります。
思考盗聴が原因で起こるトラブルは秘密にしたいと言う声が多く寄せられます。
盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
ご近所トラブルや職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

[contact-form-7 id=”9″ title=”コンタクトフォーム 1″]

思考盗聴 脅迫被害相談解決
タグ: