静かで穏やかな生活を送る権利が侵害されることは許されません。静穏妨害は悪です。ご近所トラブルで静穏妨害を受けることもあります。静穏妨害により眠れなくなったり、イライラしたり、ストレスを抱える人は少なくありません。対策が必要です。

静穏妨害ニュース!京都府

軽犯罪法違反(静穏妨害)容疑で京都市に住む50代の男性が逮捕されました。自宅の窓を開け、洋楽のハードロックを爆音で流し続けたというのです。
西京署によると、逮捕容疑は昨年8月から今年の春にかけて約10回にわたり、住宅の2階の窓を開けた状態で大音量のハードロックを流していたようです。
近隣住民に迷惑をかけていました。
この男性は妻と2人暮らしをしていたようで、時間帯を限定せず、CDラジカセやパソコンで音楽をかけていたとみられています。

 男性は「大音量で音楽を流したことは間違いない。趣味で聴いていた」と容疑を認め、既に釈放された。

静穏妨害からの音のトラブル

思考盗聴被害者にも多いのが音のトラブルです。パトカーや救急車、消防車などのサイレン音から人の声にいたるまでさまざまな「音」による嫌がらせ事例は思考盗聴対策センターにもたくさん寄せられています。

分かりにくい「音」のケースもありました。盗聴や盗聴されていた疑いが考えられる案件もあります。

不安に思ったら対策が必要です。思考盗聴対策センターへご相談ください。

※無料相談はしておりませんのでご了承ください。

思考盗聴対策センター 脳内盗聴や音声送信被害
思考盗聴対策センター 脳内盗聴や音声送信被害
静穏妨害!静穏な生活が送れないトラブル
Tagged on: