思考盗聴被害と盗聴や盗撮被害に加えて、エスカレートすると監視行為が併発していることも。頭の中での脳内盗聴、脳内盗撮の不安に苦しめられることは耐え難い苦痛です。周囲が気になり、また危険を感じて外出できない方からもご相談が寄せられます。

思考盗聴と盗聴器、盗撮器、監視
思考盗聴と盗聴器、盗撮器、監視

思考盗聴と盗聴器 盗撮カメラ 監視被害

盗聴や盗撮から思考盗聴が始まるケースもあれば、いつから被害に遭っているのかはっきりした前兆がないことまで被害者によって様々です。何が原因になっているのか分かりにくいように巧妙に行われるケースもあります。

一旦始まった盗聴や盗撮はターゲットの情報収集につながります。行動や予定、思考などのパターンを把握される可能性もあります。一刻も早く盗聴器や盗撮カメラの有無を調べておく必要があるでしょう。

盗聴された内容や盗撮画像をインターネット上にアップされる可能性を心配されている被害者の方もおり、たいへんな不安を抱えています。盗聴防止方法や盗撮防止方法は、被害者によって対策が異なります。間違った対策方法を取ることで「油断」につながりますので気を付けましょう。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供はしていません。
当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。メールでのお問い合わせは無料です。

お気軽にお問い合わせください。(有料相談のみ)無料相談はしていません。思考盗聴対策センター受付時間 8:00-23:00 [ 緊急依頼除く]

お問い合わせ

思考盗聴 盗聴について

思考盗聴、盗聴を防ぐ方法
思考盗聴、盗聴を防ぐ方法

盗聴の防止方法は、盗聴の原因を排除すること!

盗聴器は日本国内においても数多く出回っています。簡易的で安価なものから、半永久的に使えるものまで様々です。また、これらは簡単に手に入れることが可能です。インターネット販売で購入する人もおり、どこに居ても手に入る状態です。

盗聴器を仕掛けることで手軽に情報を入手することが可能になります。重要な会議が行われるような機密を扱う場所だけではなく、一般家庭にも盗聴器が仕掛けられることは珍しくありません。心配な方は盗聴器発見調査を依頼しましょう。

定期的な調査を行う現場もあります。

盗聴は身近な人物から被害にあうことも多く、交友関係のトラブルや、金銭の貸し借り、会社関係、恋愛感情のもつれ、ストーカー、家族のトラブルや遺産相続など様々な問題が絡んだ相手から盗聴される可能性があります。

また、盗聴マニアの存在も否定できません。趣味で盗聴をする者もいます。また、仕入れた情報を売買して収入を得るケースもあります。

脳内盗聴 脳内盗撮を防ぐためにすること

脳内盗聴、脳内盗撮からの解放
脳内盗聴、脳内盗撮からの解放

盗撮も盗聴と同様です。性的な目的でトイレや風呂場、更衣室などに仕掛けられることもあります。

身体的な特徴をののしられたり、馬鹿にされるケースもあります。大変デリケートな問題です。誰にも知られたくないことを暗にほのめかされたり、愚痴を言われることもあり、被害者にとっては精神的にも大変つらい問題です。

また、盗撮された画像や映像を投稿サイトにアップされたり、交友関係にメールやラインで送り付けられるなどの心配もあります。盗撮器の調査だけではなく、画像の流出先についても不安があります。

盗聴器、盗撮カメラ機材を見つける!

盗聴器や盗撮カメラが仕掛けられていないか不安を感じたら、まずは部屋の中、家の中をチェックすることをお勧めします。

仕掛けられやすい場所チェック

盗聴器や盗撮カメラが仕掛けられやすい場所をチェックしてみましょう。

リビング

家の中で最も過ごす時間が長い場所です。
この場所ではテレビやエアコン、照明などの家電も多いです。盗撮や盗聴の機材がないか確認しておきましょう。

トイレ、風呂場

最も他人に見られたくない個人的な空間がこの二箇所です。
トイレや風呂場、脱衣場は盗撮の可能性が高いです。

見られることで被害者に羞恥心を感じさせる目的が考えられます。

ベッドルーム

個人の部屋で行われている事すべてを監視したい者もいます。パソコンやスマートフォンの操作を行う人も多い場所です。

車内

車の中は密室です。車内での会話や過ごしている様子を監視されることも。

仕掛けられた場所を特定することで防げたり、
犯人を見つけることにもつながります。

発見後の注意点と対策

盗聴器や盗撮カメラを見つけたら、すぐに外すかどうかはご相談ください。

組織的な監視や恨み、憎しみ、腹いせなどで行われる監視も気になるところです。宗教団体絡みの問題も指摘されています。一旦始まると、なかなか収拾がつかないケースもあり、職場や家族を巻き込んでいる可能性もあります。大きな組織の場合は、一人で対応するのは大変難しいのが現状です。諦めずに証拠撮りから始めましょう。

お気軽にお問い合わせください。(有料相談のみ)無料相談はしていません。思考盗聴対策センター受付時間 8:00-23:00 [ 緊急依頼除く]

お問い合わせ