思考盗聴 誘導ミス 音声送信の罠

思考盗聴 誘導ミス 音声送信の罠

脳内に送り込まれる声に誘導されていませんか?行動を起こさせるように強い口調でののしられたかと思えば、優しく話しかけてくる。
このようなことの繰り返しで思考を操られる思考盗聴被害者も多く、相談が寄せられています。
日常生活に影響を与えられる前に早期対策が必要でしょう。
思考盗聴 解決手段 解決方法

思考誘導 ブレインコントロール 誘導集団

マラソン大会で誘導ミス 完走児童は1人だけ 珍事件
岡山県で珍しいニュースがありました。
マラソン大会で誘導ミスがあり、参加した263人中262人が失格となったようです。
このミスが起きたのは、岡山県笠岡市でした。
マラソン大会には263人が参加していたものの、誘導ミスによって262人が誤ったコースを走りました。
本来、3キロだったコースは2キロ足らずになり、
1位の児童は6分51秒でゴールしましたようです。
最後を走っていた児童のみ正しいコースで走りきりゴールしました。
他の児童は全員失格となっていたようです。
 思考盗聴からくる指示や命令

応援のように見せかけられる音声送信

日常的にはなしかけられる声に動揺させられた経験はありませんか?
不安をあおられたり、ミスを指摘されるなど精神的にも不安定になります。
仕事を辞めるように誘導させられる被害者もいます。
生活の安定のためにも早期解決が望まれます。
思考盗聴対策センターへご依頼ください。
思考盗聴対策センターお問い合わせ

思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心